北海道札幌市の「はりきゅう専門」の鍼灸院 病院に行っても良くならない慢性便秘症・耳鳴り・突発性難聴・めまいを改善します。

坐骨神経痛・腰痛の症例

症例6 立っているとお尻からふくらはぎまでがしびれる坐骨神経痛 

患者

男性 40代

来院

2018年7月

症状と来院理由

3年前に強い腰痛と足のしびれでヘルニアと診断され、ブロック注射を打って以降、腰痛と足のしびれを感じずに生活していた。

今年に入った頃から、立ち仕事をしているとお尻からふくらはぎにかけてビリビリとしびれ、腰の痛みを感じるようになる。

 

だんだん痛みが強くなってきた為、整形外科を受診、痛み止めを処方され飲むも変化がなく、あまり効果を感じられなかったのでネット検索して当院をみつけ受診した。

治療経過と内容

以前は、左足と腰のしびれ・痛みが強かったが今回は逆の右側の方が症状が強いとのこと。

20分ほど立ち仕事をしているとビリビリとしびれが現われる。

 

足の筋肉の緊張に問題があると考え、ふくらはぎを触診すると硬く緊張していた。そこで、腰のツボに鍼施術を行った。5分ほどするとしびれが軽減し、ふくらはぎの筋肉が緩んだ。次に腰の硬さをとる為に太ももに鍼を打ち、緩みがでたことを確認し、1診目を終えた。

 

2~3診目は、1時間まで立ち仕事が休まずできるようになる。4~7診目は、しびれは感じなくなってきたがお尻の痛みが残っているとのことで足のツボを追加し、施術行う。8診目でしびれと痛みがなくなったとのことで、施術をおえた。

同時に治療した症状

なし

使用した主なツボ

空髎R、殷門LR、地機R、精霊R、L5(1)R

考察

右に体重をかける体の癖でふくらはぎ、ふとももが硬く緊張し、しびれ・腰痛があらわれた症例。

足の筋肉が硬くなることで、腰と股関節がスムーズに動かなくなる。その影響で腰に負担がかかり、下半身全体が固まってしまい足のしびれと腰の痛みを引き起こす。足の筋肉が緩み、腰の動きが改善されるとともに右に荷重ををかける癖もなくなり、症状が改善していった。

症例5 腰が伸びず、お尻から太ももまでがしびれる

患者

女性 40代

来院

2018年7月

症状と来院理由

看護師として病院に勤務。デスクワークから立ち上がろうと腰を伸ばした際にお尻から太もも後面にしびれと腰の痛みを感じるようになる。しばらくすると腰が伸びるようなるが、朝方や仕事が終わる頃にはまた伸びなくなり、足にしびれがあらわれるとのこと。

 

整形外科でレントゲン検査で異常がなく、痛み止めを処方される。その後も変化がなく、MRI検査を受けるも異常見つからず、悩んでいたところネットで当院を見つけ、受診した。

治療経過と内容

腰が伸びなかったことから腰椎から大腿骨(足の骨)に着いている腸腰筋が緊張していることが問題であると考え股関節の動きを検査を行った。すると、前方へ曲げる動作(屈曲動作)で痛みの訴えと可動域制限がみられる。そこで足にあるツボに鍼をすると痛み・可動域が改善された。
 
次に臀部と下肢を触診すると梨状筋部とハムストに強い緊張がみられた為、手と肩に鍼施術を行う。すると、腰が伸ばしやすくなったとのことで、1回目の施術を終えた。
 
2~5診目で、痛み10→4しびれは10→5まで減少し、しびれる範囲も狭くなる。まだ腰の伸ばしやすさに制限がある為、背中の動きを整える手のツボに鍼施術を行った。6~8診目で痛みとしびれが消失し施術を終えた。

同時に治療した症状

肩こり

使用した主なツボ

中腰R、威霊R、肩貞LR、六谿R

考察

腰の痛みは股関節に問題があることが多い。特に腰が伸びない場合は、腸腰筋が緊張し、股関節と腰椎が伸展せず背中の動きまで悪くなり慢性化する。更にお尻から足の筋肉が硬くなることでしびれを引き起こした症例。

 

腸腰筋が緩み、股関節と腰が円滑に動くようになることで、しびれと痛みが改善された。

症例4 寝ていても、痛みで起きてしまう腰痛

患者

女性 30代

来院

2018年8月

症状と来院理由

調理師をしており、3週間前より仕事量が増え腰に重だるさを感じるようになる。その後、早朝に痛みで起きてしまうようになり、起床後もしばらくの間、腰の痛みが強いとのことだった。

 

すぐ良くなるだろうと考え様子をみていたが、痛みが良くならなかった為、友人の紹介で当院を受診した。

治療経過と内容

触診すると腰椎上部と下部の起立筋に緊張がみられる。
そのポイントは、ふくらはぎと上腕部の筋肉が硬くなることであらわれやすい。
 
そこで、足と腕にあるツボに鍼をすると腰部の緊張が緩み腰が軽くなったとのことで1診目の施術を終えた。
 
<2診目>
朝、痛みで起きなかったが起床時の動き出しの痛みは残存しているとのこと。
同治療に加えてスネと太もものツボに鍼を行った。
 
<3診目>
朝の動き出しの痛みもなっかたとのことで施術を終了した。
 

同時に治療した症状

肩こり

使用した主なツボ

承山L、殷門L、消濼L、懸鐘L

考察

調理場でフライパンを持って立っていることが多く、ふくらはぎと二の腕に負担がかかったと考えた。

フライパンを振る際の足~腰~手と連動した動きが悪くなり腰の筋肉を硬く緊張させ、痛みを引き起こした症例。

 

症例3 体重を右にかけると腰が痛み、しびれて足を着くのがツライ

患者

男性 50代

来院

2018年8月

症状と来院理由

以前から慢性的な腰痛があり、しびれを感じたことはなかったが3か月前から右足がしびれるようになる。

 

荷重を右側にかけると右腰の痛みが増強し、朝起きて足を着こうとすると痛みが走るとのこと。

 

整形外科を受診し、椎間板が潰れているとのことで痛み止めを処方され、リハビリに通院するように医師に言われる。通院するも痛みに変化がなく、もともと知人だったことで、当院を受診した。

治療経過と内容

痛みがあらわれる前の環境の変化を聞くと通勤が車から電車になったとのことだった。
荷重をかけて痛みがあらわれる場合は背中に原因があることが多い。
 
そこで、背中の起立筋を触診していくと胸椎下部と肩甲骨内側縁に緊張がみられた。次に腰方形筋に触れると右側全体が硬く緊張している。そこで、手のツボと足に鍼を行うと緊張が緩み痛みが10→5になったとのことで1診目の治療を終えた。
 
<2~3診目>
足を着く際の痛み消失。右に荷重をかけると痛みが10→3、しびれが10→2に減少。
 
<4~6診目>
荷重をかけた際の痛み、しびれが消失したとのことで治療を終了した。
 

同時に治療した症状

肩こり

使用した主なツボ

腸鳴R、陽輔R、空髎R、六丘R、殷門R

考察

肩甲骨と背中の動きが悪くなるこで体のバランスが崩れ、右腰と腰の痛み・足のしびれを引き起こした症例。

症例2 座っていると腰が痛み、親指がしびれる

患者

男性 60代

来院

2018年7月

症状と来院理由

2年前に強い腰の痛みで動けなくなり、整形外科で腰椎椎間板ヘルニアと診断され、内視鏡で手術を行う。

術後は、痛みが和らいでいたが、だんだん痛みが増強傾向にあり1ヵ月前から強い左腰の痛みと左母指のしびれを感じるようになる。

 

整形受診し、ロキソニンとメチコバールを処方される。薬を飲むも症状に変化がなく、来月に海外出張がある為、痛みを早くどうにかしたいと考えていた。奥さんが当院に通院しており、そのすすめで当院を受診する。

治療経過と内容

通勤時間が長く、電車で座っていると左腰の痛みが強くなるとのことだった。座っていて腰が痛む原因は太ももの後面が圧迫されることでおこることが多い。
 
そこで、太もも後面を触診すると筋肉に強い緊張がみらていた為、その箇所のツボに鍼を行った。すると腰の痛みが10→5に減少する。
 
次に左側の腰方形筋と左ふくらはぎにも緊張があった為、その部位と連動する臀部のツボに鍼を行った。すると母指のしびれが10→6まで減少し、腰全体が軽くなったとのことだった。
 
背中にも腰と連動する筋肉の緊張があったため手のツボに鍼を行い週2での治療を提案し、1診目を終了した。
 
<2~3診目>
通勤での痛みが楽になっているとのことだが、朝起きた際の痛みは未だに強いとのこと。足のツボを追加し、治療をおこなった。
 
<4診目>
通勤中に痛みは10→1~2に減少し、朝は起き上がりのみ痛みを感じるとのこと。母指のしびれは10→4に減少。
以前よりも足に力が入るとのことだった。
 
<5診目>
長時間座っていても痛みは出なくなりしびれは10→1~2に減少した。これで海外出張にいけるとのことで治療を終了した。
 

同時に治療した症状

肩こり

使用した主なツボ

殷門L、大殿L、コウケイL、元瑠L、下承山L、ショウレキL

考察

長時間、座っていることで太ももが圧迫されハムストリングスが緊張する。そこと連動する腰方形筋がガチガチに硬くなってしまい体が縮こまる影響で背中、ふくらはぎが緊張し、母指のしびれ、朝の起き上がりの痛みを引き起こしたと考え治療を行った。

症例1 小学5年生から治らない腰痛(現在、中学2年生)

 患者

男性 13歳

来院

2018年6月

症状と来院理由

小学5年生から腰に痛みを感じるようになり、痛みが強くなったり、弱くなったりを繰り返しながら中学2年生になった現在も腰痛を抱えている。走ったり、卓球の練習後に強い腰痛が現れるとのこと。

 

病院で検査をしたが異常はなく、困った母親が当院をネット検索で見つけ受診した。

治療経過と内容

腰痛と関りが深い大腰筋の検査を行うとうまく力が入らず痛みを訴えたことから、その筋肉に連動する足のツボに鍼治療を行った。直後より足の力が入りやすくなったとのこと。
 
次に腰を触診すると腰方形筋に強い緊張を感じた。連動する手のツボに鍼を行い、仙腸関節にも痛みを訴えたことから足にも鍼を追加した。
 
痛みに変化があるか動いて確認してもらったところ、痛みが消失し動き易くなったとのことで1診目の治療を終えた。2診目、走っても卓球をした後でも痛みがでることがなくなったとのことで、再発しないよう同じツボを使い治療を終了した。

同時に治療した症状

なし

使用した主なツボ

威霊L、大腰L、地機L

考察

大腰筋が緊張し、股関節の動きが悪くなったことで引き起こされた腰痛。この影響が腰方形筋、仙腸関節に負担をかけて痛みが長期化したと考えられる。この大腰筋・腰方形筋・仙腸関節にアプローチしたことで1回の施術で痛みが消失した。

 

※全ての腰痛が1回の施術で治るわけではありません。

  • 011-839-0217
  • 診療案内
    診療案内
  • ネット予約
  • 営業日カレンダー
    « 2018年11月»
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    • 休診日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【北海道】
    札幌市 東区 北区 西区 白石区 中央区 南区 豊平区 石狩市
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り